磐乃井ファンブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 松島紀行(おめあて)

<<   作成日時 : 2011/02/18 00:19   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨日はすぐ伝えたい情報があって、中断してしまった松島紀行のつづきです。
 このブログで以前「おさけグッズ」を書いたとき、お土産でいただいたとっくりとお猪口の置物を紹介しました。「酒屋さんにあったんですよ。」とのことだったので、どんな酒屋さんかなあと思っていたんです。

 事前にネットで調べて、たぶんここだろうと目星をつけた場所へ行ってみました。ありました

画像


 入り口からいきなり素敵な酒器がいっぱい!一の坊のランチのとき出てきたガラスの片口もありました。
 ひときわ目を引いた緑色の切り子ガラスのお猪口をつい手にとって購入を決意。
 それをもったまま、お目当ての酒を探します。

画像


 品揃えも豊富です。宮城の銘酒がずらりです。しかし、ここは事前にチェックしてきた「松島の吟風」を買わなくては。
 「松島の吟風」は松島産の酒米「蔵の華」を掛け米に使って造った純米大吟醸酒です。この酒屋さんの店主が自分のためだけに作ったお酒とか。
 確かに、爽やかな飲み口は海辺の町らしく海鮮に良く合うスッキリ系甘口でした。

 おちょことお酒を持ってレジに向かったら、お店のおじさんが「それ1本ここで飲んだらお金いらないよ。」と言ってきました。「えっ、いいの!」と早速蓋を開けようとしたら「うそうそ、冗談だよ。」と慌てて止められました。な〜んだ、四合瓶くらい軽いのに。
 「え〜無理〜。」とか女性らしいリアクションを期待したのかもしれないなあ。ごめんね、酒飲みで。
 ちなみに、この声を掛けてくれたおじさんが店主さんでした。
 他の店員のお姉さん達との会話も面白かったですよ。みなさんお酒を熟知していて、いろいろ教えてもらえました。
 購入した後の袋には「酒かわら版」というチラシも入れてくれました。オススメのお酒やつまみを13種類も詳しく書いてあって、とても読み応えのあるチラシです。
 こういう、お酒にもお客にも真摯に向き合ってるお店って、飲み手にとってはすごく嬉しいですよね。近くにあったら絶対通っちゃう。

 その素敵な酒屋さんはこちら

画像


 ここに磐乃井のお酒も置いてあったらいいのになあ、と思ったりしました。ライター写真初登場(集団では以前写りましたが)です。

 松島では、みんなで笹かま焼いたり、

画像


 夜はお酒を持ち込んで宴会したりしました。

画像


 私は、この前搾った純米酒とワンカップ5個。他には宮城門田酒造の「ほでなす」「坤興(こんよ)」←これはササニシキのお酒だそうで、スッキリして美味しかった〜。あと「獺祭磨き三割九分」です。これらを6人で飲み干しました。

 お酒的には、すっごく充実した旅行でした。
 牡蠣鍋クルーズとかもしたけど、普通に観光もしたけど、お酒のブログなんで酒中心で許してください。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
松島紀行(おめあて) 磐乃井ファンブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる