磐乃井ファンブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 第1部 最終回 ライターの正体ばらします

<<   作成日時 : 2011/03/30 01:49  

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 5

 突然、こんなタイトルですみません。
 前にもちょっと書きましたが、ライターが被災地に転勤のため、当分更新できなくなります。
 まだ、電話回線も携帯も、もちろんネットも復旧してないそうです。
 酒造りも通常は11月から3月の作業。私達の活動も一区切りとしましょうか。

 昨日、磐乃井さんに行ってきました。
 この震災で磐乃井さんも壁の剥落が激しく、大吟醸は全滅だったとか。

画像


 敷地に入ってすぐ目につく漆喰の壁の穴。

画像


 ここは瓶詰め、火入れなどの作業をするところ、シャッターの向こうにはケースに入った大量の一升瓶があったのですが・・・。

 でも、別にとっておいてくれた私達の純米吟醸酒は全て無事だったそうです。守ってくれたのでしょうね。
 本当にありがとうございます。

 おじゃましたら手作業でラベル貼り、包装をしてくれているところでした。

画像


 高いところから壁が剥がれ落ち、むき出しになった電気配線がぶら下がる作業場で、こんなにきれいに作ってくれたんですよ。

画像


 一升瓶バージョンです。

画像


 これは四合瓶。ラベルの写真は花泉町が誇る東北最大のボタン園で咲く牡丹の花です。

画像


 そして、私だけ特注の一合瓶。2種類(中身は同じ)。これは転勤の挨拶にしようと思って注文したものです。
 私の名刺代わりですね。これを飲んでいただければ、私がどういう人間か分かってもらえるはずです。

画像

画像


 花泉産美山錦100%、精米歩合45%、岩手県独自酵母「ゆうこの想い」使用の純米吟醸酒です。
 名前は「YOUR FLOWERS」。このお酒が飲んだ人を笑顔にさせるように。笑顔の花が咲きますようにとの願いを込めて。友の会例会の時に会員みんなで考えました。

 出来上がったお酒はすべて生酒で瓶詰めされています。
 酒の質の良さと地震にも耐えた封の強さで、充分長期保存に耐えられるものになりました。
 何年もとっておけば立派な古酒になると思います。
 何年経っても「あのときの酒」と思い出しながら、熟成した味を楽しめることでしょう。

 前から「こんなお酒が飲んでみたい」と思っていた夢のお酒が、今こうして目の前にあります。
 なんて幸せなことなのでしょう。

 テレビが映るようになってすぐ、高田の「酔仙」の蔵が波に飲み込まれ、押し流される映像を見ました。
 宮古の「千両男山」も蔵が崩れ瓶が泥にまみれて転がっている映像も見ました。それでも地域の人達に仕込み水の湧き水を提供していました。
 大槌の「浜娘」も被害が大きく、かろうじて釜石の「浜千鳥」は被害を受けながらも蔵は残ったとか。
 沿岸は軒並みやられています。でも、県内の酒蔵や地域のみなさんと協力してきっと復活すると信じています。

 さて、私は4月から山田町立大沢小学校で勤務します。
 実は私は一関市立油島小学校の事務職員でした。名前は、岩手の元気な優しい子と書きます。
 ここに勤務した6年間の中で子ども達や同僚、PTAや地域のみなさんとのたくさんのふれあいの中で得たことは計り知れなく、全てが私の生涯の宝物になりました。
 大切な仲間も出来て、地元の酒蔵で酒まで造るようになって。
 何度も書きますが、私にとってお酒は人とつながるツールです。おかげで、本当にたくさんの方達とつながることが出来ています。

 これから赴任するところは、地震と津波と火災で町の大部分が瓦礫の山と化しました。
 でも、高台にある学校は無事、そこにいた子ども達も職員も全員無事だったそうです。
 しかし、家族を亡くしたりまだ行方が分からなかったりしている子もきっと多いでしょう。
 学校は避難所になっていて、まだ200人以上の方が身を寄せているようです。
 
 そんな中に私なんかが行って役に立つのだろうか、かえって迷惑を掛けるのではないか、と不安になることもありますが、でも私に出来ることを精一杯頑張ろうと思います。
 私も住む家が無いこととガソリン確保がまだ難しいため、しばらく学校に住まわせていただくことになります。
 学校事務職員は、学校の中でただ一人「法律とお金で子どもの学びを守り成長を支える」役割の職員です。
 子ども達のそばにいて災害を乗り越える力にちょっとでもなれたらと思います。

 明日の朝には山田町に向けて出発します。
 とりあえず持てるだけの救援物資と「YOUR FLOWERS」を持って行きます。
 こんな時に酒なんて持っていくのは不謹慎と思われるかもしれないけど、でもお酒って馬鹿騒ぎのためじゃ無く、悲しいときや憤っているときも飲むもので、それで癒やされることもあるんじゃないでしょうか。
 油島で人のつながりが作れたように、きっと大沢でも大きなつながりが出来るはず。そこに一つでも多くの笑顔の花が咲きますように。

 
 これまでお世話になった皆さん、ありがとうございました。
 こんな状態なので、挨拶も出来ずに出発すること許してください。

 そして、山田町大沢の皆さん、よろしくお願いします。


 この災害が落ち着いて、またみんなで楽しくお酒が飲めるようになったら、ブログ第2部を再開しようかな。できるといいな。
 それまで皆さんお元気で。

 最後にメンバーが送ってくれた写メです。

画像

 
 
  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
ありがとうございました。いっぱいいっぱいありがとう!
よし・ゆき
2011/03/30 05:34
日本酒ごちそう様でした。とても幸せな気持ちになりました。被災地に行かれるという事…ご心配な事、多々あるかと思いますが。明るい笑顔で乗り越えて下さい。こちらに来た際はゼヒ窓口に遊びにいらして下さい。応援しています。
水曜日の訪問者
2011/03/30 20:55
6年間油島小の為に働いていただき有難う御座いました。個人的には、あと1年でいいいから異動して欲しくなかったですが・・・。でも、持ち前のパワーで山田の皆様を少しでも明るく支えて戴けると確信しております。決して「頑張って!」とは申しません。普段のままの貴女でOKです。
SHOTAKU
2011/03/31 09:59
踏まれても

根強く忍べ

道芝よ

やがて花咲く

春に逢うべし


例年にない雪降りで大変だった冬も去り、春が見えてきました。

そして、この度の震災等は、史上稀に見る冬の時代を、岩手はじめ東日本全体にもたらしています。

そんな酷い災難に踏み潰された中でも、生き残った根や蕾が、まだ沢山あります。

凄く厳しい冬の時代を、残された皆が力を合わせて乗り越え、また笑顔で酒を酌み交わそうな(^-^)q

行ってらっしゃい!
カトチュー
2011/04/02 23:31
お酒の縁で、素敵な会が出来、素敵なお酒に出会い、素敵な人たちと出会えた事に感謝です。特に、管理人さん。あなたに会えていなかったらこの会は出来ていませんでした。本当に、本当に感謝しています!

また、みんなで笑って飲める日を楽しみにしています。その時の為に『Your Flower』1升熟成しておきます!
mura
2011/04/08 21:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
第1部 最終回 ライターの正体ばらします 磐乃井ファンブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる